トップページ | 櫻屋へ »

2007年10月 7日 (日)

雲取山へ

071007_051632
連休を利用して、先月の八ヶ岳に続き登山にでかけてきました。
晴天の二日間に恵まれて、最高♪
ご一緒したのは、八ヶ岳に引き続き、ジークフリートさん、ペタ子ちゃん、私の3人。
すっかり意気投合したこの3人の足並みはすばらしく揃い、楽しいひと時となりました。
(冒頭の写真は、雲取山荘からの朝日)

混雑必死のホリデー快速奥多摩で奥多摩駅まで、臨時バスまでが出る混雑ぶりのバスを乗り継ぎ登山口へ。
少し時間が押しており、足早に進みます。

コースタイムを切る順調なペースで石尾根へ。
防火帯になっている稜線は、森林限界を超えていないにも関わらず、あたかも越えているかのような気分に浸らせてくれます。
美しい眺めと、稜線歩きの清清しさで、テンションもあがります。
体調が悪いのか、思わしくない腰痛も、この時ばかりはひととき忘れてしまう綺麗さでした。

071006_134811_2 071006_150842_2

山頂まであと少しというところに急坂がありますが、がんばります。
そして、ようやく山頂へ。
富士山こそ見えませんでしたが、あとは絶景。
071006_151817_2 071006_152022_2

もっと混雑しているかと覚悟していた山頂も比較的空いている気がしました。
写真を思う存分撮って(ジークさんが(笑))、雲取山荘へ出発です。
20分ほどの下りで、山荘へ。

詰め込まれるのかとこれまた覚悟していた山荘も、相部屋とはいえ7人。
広々というわけには、いかないものの、山小屋としては満足すべき状態でした。

夕食をおいしくいただき、おしゃべりを楽しんで就寝(19時半)。

翌朝4時半に目覚め、朝食へ。
食後に外へ出ると、素晴らしい朝日(冒頭の写真)。
本当に来て良かったと思う景色に感動!!

朝焼けに染まる小屋を後に、下山へ。
071007_060703_2

アップダウンのある登山路。八ヶ岳で苦しんだ、下り一辺倒よりは遥かに脚に優しい下りを、私の先頭で少々ハイペースで下山してきました。

雲取山荘で相部屋だったご夫婦と抜き抜かれつ。。。
写真を撮られるご主人に、昨日は見えなかった富士山が見えると教えていただき、眺めることができました。山の出会いに感謝!!

無事、三峰神社に下山。
今日のお昼はお蕎麦の予定でボッカしていたため、神社脇の木製のピクニック席で食事つくり。
そこへ、トイレに行っていたジークフリートさんが缶ビール3本を手に戻ってきてくれました♪感謝をして乾杯!!

食後、お風呂に入って汗を流し、バス、レッドアロー号の車中反省会を経て帰宅。

雲取山は、大学のワンゲル時代から6回目。
東京近郊の比較的、本格的な登山が楽しめる場所というだけの選択でしたが、今回は改めて雲取山の素晴らしさを知ることになりました。
変化に富んだ登山路と景色。これも仲間のおかげだと感謝でいっぱいです。

紅葉には少し早かった今回の登山でしたが、今度こそは紅葉を見に日帰り登山に行けたらいいな~♪

|

トップページ | 櫻屋へ »

コメント

みゆきさん、

お疲れ様でした。
晴天に恵まれた素晴らしい山行でした。
八ヶ岳の時よりは、筋肉痛が軽く一安心です。
冬が訪れる前にまた、青い空と緑の木々を眺めに行きたいですね。

また、ヨロシクお願いいたします。

投稿: ジークフリート | 2007年10月 9日 (火) 21時15分

ジークフリートさん>
お疲れ様でした!
本当に天気に恵まれた山行でしたね。
私も筋肉痛が軽症で安堵しています。
また、次回も行きたいですね!
よろしくお願いします。

投稿: みゆき | 2007年10月 9日 (火) 22時24分

中学生の時は良く行ってました。
雲取ヒュッテの時代ですが…
高校の時は、三峯から登って夕方までに奥多摩へ下りてました。
泊まらないようになって、あの山頂の満点の星空を思い出すと、無性に恋しくなりました。
今度いってみようっと。
素晴らしいエントリをありがとう。

投稿: らんた | 2007年10月11日 (木) 00時22分

らんたさん>
コメントありがとうございます。
拙い文章ですが、読んでいただけて光栄です。
ヒュッテ・・・懐かしいですね。
私も昔の面影を覚えています。

先日も星空がとてもきれいでした。
是非、また訪れてみてくださいませ!

投稿: | 2007年10月11日 (木) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476403/8294019

この記事へのトラックバック一覧です: 雲取山へ:

トップページ | 櫻屋へ »